新人でも、ベテランと同じように


会社を盛り上げる。


自由とダイナミズムに溢れた仕事ができる環境。

菅原大成

「こういうことがやりたい」ということをしっかり伝えれば、新人でもチャレンジさせてくれる会社

片山鉄建に入社したいと思ったのは面接でした。その際、面接を担当してくれたのが今の上司でもある秋本なのですが、最も尊敬する上司です。扱っている金額も、案件もどれもスケールが大きく、お客さまからの信頼もあついところなど、憧れの上司です。面接時から、この会社で働きたいと思わせてくれた人物です。この会社は「こういうことがやりたい」ということをしっかり伝えれば、新人でもチャレンジさせてくれる会社です。もちろん、仕事で何か新しいことをするということは自己責任ではありますが、社会人としての責任も芽生えますし、会社は肯定してくれます。
僕は今、JFEの鉄板を使って保温・保冷の施設に使われる産業資材を営業しています。他には番線やセステンレス線など職人さんが使用するものを営業しています。
形に残るものに携わることができることもやりがいに感じますが、なによりお客さまとの関係を深めていくこと、そしてお客さまが自分自身を信頼してくれていると感じることにやりがいを感じます。
僕のお客さまは、古くから片山鉄建と関わり続けてくださっているお客さまが多いので、僕よりもこの会社のことについてよく知っている方も多いです。逆にお客さまからこの会社の良いところを聞き、その話をまた違ったお客さまに伝えることができます。そうやって、片山鉄建の良さを繋いでいく役割として自分が存在することを誇りに感じています。

菅原大成

知識をたくさんつけるために
自己研鑽し、勉強することが大切

1年目は事務所で当社が扱う商品のことや業界のこと学ぶ期間が設けられているのですが、僕の場合は上司が異動するタイミングもあり、その研修の時間がほとんどなく、すぐに営業に出ました。引き継ぎの時間も短く、営業についてほとんど何もわからない状態で出されたので、その時は苦しみました。しかし、自分なりに営業を進めていく中でお客さまがいろいろと教えてくださったり、ご飯に連れて行ってもらったりして、スタイルがだんだん確立できてきたと思います。社風として、かなり自由にやらせてもらえているので、新人でも大きい数字を触らせてもらうことができますし、そのために自分なりに工夫することができます。心がけているのは、知識をたくさんつけるために自己研鑽し、勉強することが大切だと思っています。そういう意味では、この会社に合う人柄としては勢いのある人が良いと思います。僕もまだ2年目で、大学生と世代はそれほど変わらないのですが、どこか引っ込み思案な人が多い印象を受けます。思い切って自分を出せる人、少し空気が読めなくてもやる気に満ちている人と一緒に働きたいと思います。

妥協は絶対にせず、大きな将来に向けて
頑張ってください。

就職活動は、今後の人生を決める一番むずかしい時期だと思います。僕は、志望する企業に対して、どういう人がいて、その人たちがどういう風に普段仕事をしているのかを見るようにしていました。その人達が自分たちにどういう話をしてくれるのかをじっくり聞くようにしていました。面接でも取り繕うのではく、普段の自分のままで接していました。その本来の自分を受け止めてくれる会社でなければ、双方にとって良いマッチングではないと思います。ただ、会社に選ばれるだけでなく、就活生も会社を選ぶというスタンスで就活に臨むことが大事だと思います。その中で、自分を認めてくれる会社にめぐりあえるようにしっかり努力して、妥協は絶対にせず、大きな将来に向けて頑張ってください。

片山鉄建への採用に関する
お問い合わせはこちら

CONTACT

少しでも興味を持ったら
コチラからエントリーしてみよう

ENTRY